認知症

認知症とは、従来痴呆症とも呼ばれてきました。認知症の特徴として「もの忘れ」があげられますが、認知症でなくても、久々に会った友人の名前などが思い出せないことはあります。この場合までも、認知症というわけではありません。

認知症(痴呆症)とは、「脳血管疾患、アルツハイマー病その他の要因に基づく脳の器質的な変化により、日常生活に支障が生じる程度にまで記憶機能及びその他の認知機能が低下した状態」のことをいいます。

認知症(痴呆症)のチェックとして、たとえば、曜日や月がわかるか、いつも通っている道がわかるか、(自宅の)住所や電話番号がわかるか、買い物でお金を払えるか、状況に合わせて服を着られるか、数日前の会話を思い出せるか、会話の途中で言いたいことを忘れたりしないか、よく知った人の顔がわかるか、名前を覚えているかなどがあります。

認知症(痴呆症)かどうかの診断は、こういったチェックが一つの目安となります。しかし、詳しい診断のためには、医師に相談する必要があるのはもちろんです。

認知症と痴呆症

「認知症」とは、従来「痴呆症」と呼ばれてきた用語(行政用語)を訂正したものです。「痴呆症」の「痴呆」という言葉は、差別的であるということで、2005年の通常国会で介護保険法の改正により行われました。しかし、この「認知症」もまた、「痴呆症」同様に適切な用語ではないと物議をかもしているようです。

主に心理学会関係から、「認知」とは人間の知的機能をあらわす概念であり、それをそのまま「認知症」という病名として用いるのは意味不明ではないかという指摘がなされています。ただ「認知」といった場合、どちらかというと「認知する・できる」という意味合いであって、いきなり「認知できない」という受け取り方は確かにしないですよね。これは確かに意味不明です。

社団法人日本心理学会・日本基礎心理学会・日本認知科学会・日本認知心理学会から連名で出された意見書の中では、そういった不適切さを指摘するとともに、「痴呆症」および「認知症」の代案として「認知失調症」という用語を提起したそうです。

病院の何科で治療を受けるのか

認知症の診療をする主な診療科は、「物忘れ外来」が最近は病院に多く見られます。
「精神科」「神経科」「神経内科」「老年病内科」「老年内科」など 認知症に限らず身体部分も含めて総合的な科もあります。
大きな総合病院や大学病院では待ち時間も長く、一面識も無い病院ですと躊躇する場合もあります。そういう場合はいつものかかかりつけ医に相談されるのも一案です。どの病院にどのような専門医がいるかの情報を持っているものです。

スポンサードリンク